レンタカーを借りる際には少しでも安く借りたいと思うことでしょう。格安なレンタカーの相場は12時間2500円~3000円前後で、大手の半額程度に設定されています。やはり大変お得感があります。しかし、安いということには必ず理由がありますので注意が必要です。では具体的にどのような注意点があるのか考えてみましょう。その上で納得した場合は問題ありません。まず店舗が専門店ではなく、ガソリンスタンドや自動車整備工場のような他業種のお店が行っている場合が少なくありません。つまり副業として行っているということです。多くの場合フランチャイズを活用しており、その分コストを削減できます。利用者にとって特に問題となるわけではありませんが、まず抑えておくと良いでしょう。

年式が古いクルマの可能性が高い

二つ目にレンタルすることができる車種や年式が古いクルマが多いということです。クルマは走れば良いということであれば年式が古く手も特に問題は感じないかもしれませんが、せっかくお金を出してクルマを借りるのだから、できれば最新の話題のクルマに乗りたいという方は物足りないかもしれません。また古いということは乗り心地や燃費の上でも不利になります。特に、最後に返す時にはガソリンを満タンにして返さなければなりませんので。燃費が悪いクルマはせっかく安い料金でレンタルできても、トータルではその差が縮まってしまう可能性があります。長距離を走る予定であるなら、ガソリン代も考慮する必要がありますし、快適な移動を求めるならどのような車種が用意されているのかもチェックする必要があります。

オプションにかかる費用は別料金

さらに格安レンタカーは、確かに基本料金は安い料金が設定されているのですが、カーナビゲーションや免責補償などのオプションを付ける場合には、別途費用が加算される仕組みになっています。しかも、そのオプションにかかる費用は決して安くはありません。カーナビゲーションなどのオプションは付けることで費用がアップしてしまうのなら、最初から大手のレンタカーを利用した方が良いことになってしまうので、安さに徹してオプションは極力付けないというのがおすすめです。このようにいくつかの注意点がありますが、クルマ自体に問題があって動かなくなるとか、車内が汚れているとかいうのではありません。きちんと安さの理由を理解して、納得した上で利用するのなら、過度に心配することはないでしょう。